スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2018年02月10日

タナカレッドホーク アラスカンカスタム .454カスール 〜製作依頼〜 製作記 04 終


タナカもモデルガンを出せばいいのにと思うのだが、エアガンと同じモデル出すと良からぬコトを企む不届きモノがいるかも知れ無いので出せないのかなと思ったり・・・
セキュリティ6辺りをペガサスで出してくれないかなと思ったり
そういやマルシンのトーラスはどうしたんだろうと思ったり


リアサイトも何か仕上げが粗かったので面出しして、ホワイトラインを引き直しておきました。

やっぱり鬆が多い


一応ココまで磨いて、軽く黒染め

本命の方は、インディさんのブラックパーカーで塗装して、ハンマートリガーサイドを磨いて完成。

やっぱ前に製作した.44Verの750g程度と比べると、重いなぁ〜って感じになりました。依頼者さんが満足してくれるとイイんだけど・・・

持ってみると、重い。しかもシリンダーより前が重いので良いバランス。


さて今度はメッキモデルの方です。

コレについては簡易版での製作&発射機能残しなので簡単かなぁと思ったんですが、メッキの処理に苦労して思いの外苦労してしまいました。

まず、例の通りにバラして、マズルの加工をするのですが、ココでメッキを剥ぐのが一苦労で、マズルだけで数日掛けてしまいました。
コレは私も悪くて、力加えすぎて表面がズタボロになったり、それならば〜ってんで購入した新兵器を駆使した所、芯が出て無くて偏芯したり、中々手間を掛けさせてくれます>というか私が新兵器の操作に慣れていないのをメッキのせいにしているだけとも言います。

ただメッキモデルベースの問題点としては、レッドホークのフレームにはアウターバレルの回転止めのためにキー溝が掘ってあるんです。
ノーマルモデルの場合ココを埋めることでマズルの作成は楽なんですが、普通にアウターバレル先端を削り出しただけだと、寸法が足りなくて、キー溝が見えちゃいます。

そこでマズルのラウンドしている部分の直径を2mm弱増やしてラウンドマズルを作るわけですが、コレが中々難しかったですね。
1mm程の厚みのABS板にホールソーで20mmの穴を開けたモノを接着して、全体を削り出しました。
まぁ何とかなったのでOKですけど・・・・

後は先ほどと同じ様にフロントサイトを製作して、フレームに溝切ってピン穴開けて止めるだけですが、メッキにキズが付きやすいので注意しましょう。

マズルの仕上げはインディのメタルパーカー、フロントサイトはブラックパーカーです。

メッキモデルはこんな感じ。もう少し赤みが少なければ良いメッキなんだけどなぁ

今回久しぶりにご依頼を頂いての製作と成りました。

気に入って頂けると良いのですが・・・
  

2018年02月09日

タナカレッドホーク アラスカンカスタム .454カスール 〜製作依頼〜 製作記 03


チラ見えする弾頭がイイ感じに

次は、発射機構のオミットと同時に重量稼ぎです。

シリンダーをバラして発射バルブユニットを取り外します。タナカペガサスの機構はシリンダー中心にハンマーからの打撃を受ける部分があって、そこにハンマーの打撃が伝わり、その力がリンクを介して発射用がスルートのバルブに伝わり発射されるという機構に成っています。
その内のハンマーからの打撃を受けるピンとSPだけを残して取り去ります。

後にシリンダーガスタンク内を錘で埋めるので、そのピンの周辺を囲って可動を保護します。

その後、マスキングテープで土手を作って鉛を流し込んで瞬着で固めます。

ウェイトを仕込んだガスタンク。一気に鉛を入れて固めず、少しずつ数回に分けて固める

この鉛ですが鉄道模型用の動力車のウエイトで、0.5mm程の小粒になっています。瞬着で固めるとかなりの密度で錘になってくれるので少々お高めながらこの様な用途には適していると言えますね。

同時に根元にある太いOリングの溝にもウェイトを仕込みます。

ガスタンクの内側だけで48gほどだったのが166gに成りました。

またガスタンク外側の前方には、BB弾を収納する溝がありますのでそこにも同様の作業をします。

この様にさらさらと


いっぱいになったら瞬着を染みこませまる


コレで+20g。

まだ大分足りないなぁ・・・・


次はダミー弾頭を仕込みます。
.454カスールのダミーカートは1発1000円以上と非常にお高かったので、今回は.44MagのJHPを使いました。お値段6発3000ほど。

その弾頭部分を取り出して、長さを調節してペガサスシステムのBB弾押さえパーツにネジ止めします。本当は接着しようかなぁと思ったんですが、ばらせる所はばらせる様にしときたいと言う事で、1.4mmの小ネジで弾頭裏から止めてます。


実は各シリンダーの弾頭固定場所にばらつきが出てしまい、一度分解すると後が大変・・・


シリンダー自体は6mmBB弾を発射するためにシリンダー前方の穴が7mm程の直径ですので11.0mmのドリルで弾頭が収まる様にします。


これを・・・

コレが入る様に・・・

穴を拡大。


その際にバリなどがシリンダー前面に出てしまいますので、綺麗に面出しして軽く黒染めします。


オイルストーンで平面出し。

こうなって・・・

軽くガンブルー処理。



更に重量を稼ぐために、チャンバーブロック周りやインナーバレルの内部・マズルとバレルウェイトの隙間にも鉛の小粒を流し込んで、固定します。


ほぼほぼ完成状態での各パーツ。バレルにもウェイトがくっついている


この状態で重さを量ってみると1055g。イイ感じのグリップにも助けられてひとまず1kgは超えられました。
でもオーダー比84.4%。もう少し何とかならんかな?


この段階で1055g。もうちょっと!


あった〜。
グリップの肉向き穴にもう少し入りそう。


綺麗な木グリに直接錘を接着するわけに行かないので、0.3mmプラ板で枠を製作

こんな感じで組み込む。


って事で0.3mmプラ板で枠を作ってそこの例のモノを入れ・固定。

グリップウェイトで+23g。更にノーマルセフティー(ASGKセフティー)の軸を切って隙間にはめ込んで・・・なんだかんだで完成>組み立てて測ってみると1089gでした達成率87%。

後30gちょい増やせれば90%の達成率になったんだけども、強度や作動の安定を考えるともう無理かなと。


  

2018年02月09日

タナカレッドホーク アラスカンカスタム .454カスール 〜製作依頼〜 製作記 02


グリップの質感が素晴らしい!背面の隙間は調整して納品時には無くなっている

さて、先ずは全バラしましょう。

スーパーレッドホーク3丁。中々に圧力が高い。


基本的に実銃準拠ですし、タナカの取説にも詳しく書かれていますので、ばらすのにはあまり問題無いと思います。
そうはいっても幾つか注意した方が良い点があります。

関係ない部品やがらくたも一部映り込んでいるが、気にしないで頂きたい。ココまでばらす。

まずバレル周りの分解ですが、
・フロントサイトを横にずらしてアリミゾから外す
・フロントサイトベースを止めている+ネジを外す
・マズルを止めているイモネジも外す
・そうするとアウターバレルが外れる(引き抜くだけ)
・バレルウェイトを捻って外す(堅い場合は中程にある切り欠きにレンチを噛まして捻る)
・ココで無理にインナーバレルを引き抜くとHOPチャンバーがちぎれるのでちょっと待つ
・チャンバーブロックごと一旦フレーム方向に押し出して、バレルを固定しているイモネジを抜く(ロットによってこの辺りの仕様変更があるらしいので自分のモノを良く確認しながら分解して下さい)
・ユックリとインナーバレルを引き抜きます
・インナーバレルを前方に抜くとチャンバーブロックが後方に外れます。その時HOP調整用のベアリングを無くさない様に注意です。

って感じです。

で、バラしたら先ずはマズルの製作です。
アウターバレルを適当な長さで切り取ります。

長さは約20mm位

内側にライフリングのモールドがあるのでそれを避けつつ適当な長さで切り、角張ったマズルフェイスをラウンド形状に加工して、フレームにはまる様に直径を落とします。
この加工はホントは新兵器を使いたかったんですが、その頃は導入して居らず、何時もの電動ドリルに咥えての「手旋盤」で加工しました。

何時もの電動ドリルを使った「手旋盤」。コレはコレで慣れるとそこそこ綺麗に仕上げるのだ。

次にフレーム上面のスコープマウント取り付け用凹みを埋め、フレームにあるヒケを均しつつ表面を仕上げます。パテに関しては最近絶大な信頼を置いているJBウェルドを使用しました。食いつき・ヒケ共にイイ感じです。

はみ出て欲しくない場所にはマスキングして余計な作業を減らす。


マスキングを取るとこんな感じ。

ついでにフレーム下部や内側のパーティングラインも消して均しておきます。

作業途中。パーティングラインが判る。

トリガーガードは亜鉛合金製ですので、黒染めを剥いでパーティングラインを消します。最後にはブラックパーカーで仕上げるのですが、一応軽く黒染めしておきました。

作業途中。側面にも鬆が見られるので多少研面する。


磨いてもまだまだ残るパーティングライン


ココまで磨いて〜


さらっと黒染め。

先にフロントサイトを製作します。
今回は3mm厚のフロントサイトにしようという事で1mmと2mmの真鍮板を半田で接着。

左下の金色の2つの小辺がフロントサイトの材料になる2mm厚/1mm厚の真鍮板。汚い角皿はフラックスを受ける容器

3mm厚になったら、ヤスリで削り出していきます。
形状はこんな感じで、傾斜面には筋目ヤスリで反射よけを彫りました。

形状を大まかに削り出したモノ。

フロントサイトが出来たら、取り付け用のスリットをフレーム先端に切る工程です。
フロントサイトブレードがキッチリとはまる様に少しづつ穴を拡大する感じで行きましょう。もし太くなっても修正出来ますので、慌てない。

マスキングテープなどで当たりを付けた後に、リューターやタガネなどで溝を彫り込みました。
そこに製作したフロントサイトを取り付けてみて、傾きやガタ付きをチェックしたら、止めるためのピン穴を開けます。
フロントサイト固定ピンは1.5mmの真鍮線を加工したモノで黒染めしてあります。X/Y軸ともに垂直が出ていないと以外と目立ちますので、細いドリルから順番に開けた方が良いかも知れません。

こういった場所は、電動工具を使用すると失敗したときのダメージがデカイので、手作業で・・・

  

2018年02月09日

タナカレッドホーク アラスカンカスタム .454カスール 〜製作依頼〜 製作記 01


過去に製作した.44カスール・メッキモデル・本命の3丁。迫力有る絵面。

1,材料
タナカレッドホーク .454カスール
初めに送って頂いたメッキモデルは、多少赤みが強いモノの非常に鉄っぽい質感で仕上げは良好でした。
ただし、パーティングラインなどは処理してからメッキを掛けて欲しかったなぁと。

本命の方はノーマルウェイトでもHWでも良いのですが今回のオーダー「1250g」を考えるとHWで良かったなぁと。

こちらもよく見ていくとパーティングラインは消していないし微妙なヒケが有ったり、ゲート痕はほぼ未処理だったりと、基本的な仕上げ行程も結構時間が掛かりそうです(.44アラスカンの時は大分サボったんで時間はそんなに掛からなかったんです)。

後は何時もの材料です。


2.工具
コレも何時もの工具です。
と言いたい所ですが、実は年明けに「新兵器」を導入しました。
今回のアラスカンでは少ししか活躍しなかったのですが、今後オペレーター(私)のスキルアップと供に、より高度な(高精度な?)製作が出来るかな?と期待してます。
詳細は別記事で!

基本方針
・アラスカン化させるのは大きな問題は無いはず。でも自分用じゃなくて依頼モノは妙に緊張するなぁ。
・目標重量1250gは多分無理だろう。でも何とか1000gは超えたい!
・発射機構は一切必要ないとのことナノで、ガスタンク・BB弾の弾倉・ゴムパッキンの溝・インナーバレル内部など隙間に鉛をぶち込むしかないか・・・。
・鉛より重いモノ・・・金か劣化ウランかな?それは無理
・鉛を溶かして鋳込む方が良いけど、熱で歪んだりしたらやだなぁ。
・自分のモノであればキズがあってもい行けけど、気をつけて工作しなければ。
・送ってくれた木グリイイ感じだなぁ
・メッキモデルの方は工作自体は工数が少ないけど、メッキモデル特有の落とし穴がありそう・・・

という感じで製作を進めていきます。  

2018年02月08日

タナカレッドホーク アラスカンカスタム .454カスール 〜製作依頼〜 製作記 序


.454カスールのアラスカンカスタム。以前製作した.44モデルと比べるとフルート無しのシリンダーが素敵

1月上旬に、BLOGを読んで下さっている方から「アラスカンカスタム」の製作依頼を頂きました。
メールでの打ち合わせの後、ベースと成るカスール仕様を送って頂き(その際に少々行き違いがあって最終的に2コ製作する事になりました・・・)、以前製作した.44Magアラスカンの仕様+αのオーダーで製作を始めました。


まず、何故2コ製作するかというと、初め送って頂いたベースモデルがメッキモデルだったのです。
メッキモデルは外観の仕上げやパテ埋め等の加工が難しく(と言うか不可能)、もう一つHWモデルを送って頂きました。

そこでメッキモデルの方はフレーム上面のスコープマウント用凹みは埋めずに発射可能モデルとして製作する事になりました。

で、本命のHWモデルの方は「発射機能は無くて良いのでなるべく重たく。出来れば1250gで」と言うオーダーでした。

コレに関しては今の私の技術では「1250gは多分難しい、1000gは超えられると思うけど・・・出来るだけ重くします・・・」という事に成りました。
ちなみに以前製作した.44アラスカンの重量は約740gです。

また、「シリンダーから弾頭がチラ見えしたらかっちょいいんじゃないっすか?」と言う事でダミーカートも送って頂きました。
それと発注者様から上等の木グリも送って頂き、俄然やる気が出てきます。

本当は製作過程を公開しながらと思っていたのですが、本業がバタバタしてたので、まとめて公開という感じになりました。


2丁のアラスカンカスール。メッキモデルはイイ感じなのだが、加工には全く向かない。
  

2018年01月06日

久々に更新

どーもー。

久々の更新と成ってしまいました。
イヤ、別に病気したとかではなくて、ただ単に去年の末から本業が忙しくなったり、ボール盤の軸が歪んでテンションがだだ下がりになったり、中古の旋盤が手に入るはずだったのが、入手できずにテンションが下がったり、友人の所に行ってたスーパーカブが帰って来て、そのカスタムに手を出し始めちゃってお金がなかったり色々な状況で・・・

鉄砲の工作の方は緩やかに進めておりますが、以前の様に月一くらいで新作発表とは中々行かない状況です。

まぁジンワリと進めているGBBネタがありますのでその内公開出来るかなと。
また今まで無かったタイプのエアガンの開発も始めております。コレは上手く行くかどうか全く判りませんので「アーまた夢見ちゃってるよ」と軽く流して下さい。

それでは。  
Posted by ひらりん@ at 16:00Comments(4)ご挨拶や連絡事項

2017年12月02日

東京マルイ RUGER P85 GBB化 製作記05 終


一皮剥くとイイ感じになるマルイエアコキの刻印。ノーマルのマルイエアコキを持っているヒトも表面仕上げだけでもやってみると、高級感がUPするのでお勧め

ここまで行ったら、作動調整>仕上げ>完成です。

リコイルSPガイドは先端部分が少し細くなった独特の形状。コマンダーサイズのガイドを削って製作。フロントサイトは作り直してピン留めしてある。

トリガーバーがハンマーを起こす突起までの距離がトリガーバーを左側に移動させたことによってノーマルより離れるので、トリガーバー後端の調整とその強度が問題に成ります。

初めは1.2mmの鉄板を曲げただけだったのですが、強度不足から同じモノを半田で重ねづけしています。


セフティーレバーを下げるとレバー裏側のピンがトリガーバーを押し下げてシアとの接続を切る。 
よってこの状態ではハンマーは機能しない。
実銃の動画を見ているとこの状態でスライドを前後させているのだが、今回のGBBではそれは出来ない。スライドがロックされてしまうのだ。

全体の仕上げは、
フレーム・グリップ>>ブラックパーカー
フレーム>ダークパーカー乾燥後クリアコート
バレル>ブライトステンレス
トリガー・ハンマー>磨いただけ
小部品>黒染めの後ブラックパーカー

としました。
フレームのクリアコートは、ダークパーカーの蝕接により磨かれて質感が変わるのを。を嫌ったためです。

サイトピクチャー。結構狙いやすい。

とコレで完成です。

今回は風邪引いちゃったり部屋の改装したりで、いつもよりぐだぐだな感じになっちゃいました。

何かご質問など有れば補足できると思います。
  

2017年11月29日

東京マルイ RUGER P85 GBB化 製作記04


P85はするバーモデルよりブラックの方が格好いいと個人的には思うのだ。

スライドです。

あの時代に流行った、セフティーレバーはスライド側で、しかもダブルアクション&デコッキングという構成です。

それ故にマルイのM9A1をベース銃に選んだのですが、案の定セフティーレバーの製作と構成には手を焼きました。

エンジン側のデコッキングカム

まずセフティーレバー本体ですが、5mm真鍮棒に6mmパイプを被せて8mmパイプを被せ、マルシンの8mmバレルを被せて、最後に12mmのパイプ(と言うか何かのパーツ)。それらを半田で接合して12mmの真鍮丸棒を製作。
それを心棒にしてレバー部分を1mm真鍮板で作って、左右に分解出来る様加工しながら、デコッキングレバー(スライド側)を動かせる様にカム溝切って作りました。

カムは大体このくらい作動する。フレーム側の突起はフレーム天面と面一に成る様に削っている

文章に書くと酷く面倒ですが、4時間くらいで組み上がりましたので改めて真鍮という素材の加工しやすさに驚きました。

こんな感じでセフティーレバーを作った。真鍮丸棒のサイズを幾つか揃えてあれば、もっと簡単に製作出来そう。


肝心のデコッキングレバー(スライド側)はエンジン部分に何とか組み込んでいます。レバー比や作動量の確認のため珍しく図面を書いたり、厚紙で型紙作ったりしましたが、当然一発ではダメで、2個目で上手く行きました。

スライド内側はエンジンがキッチリと収まる様に、エンジンにマスキングテープを巻き付けてその上にパテを載せ、スライド内側に押し当てて形状を作りました。

エンジンにマスキングテープを貼って、JBウェルドを盛りつけたの図。この状態でスライドに押しつけ、スライド内部の隙間を潰す。

スライドの方は比較的肉が薄いので作動に関係ない部分はABS板などで裏打ちして剛性を高めています。

スライド内部。黒い部分がABS板。この様に裏打ちすることで剛性が高まる。

スライド前端、バレルとリコイルSPガイドが通る穴には薄切りにしたパイプを噛ませてあります。こうすることで穴の真円形状が保持されて、完成したときに美しく見えます。ただしその設置は中心軸を通る様に慎重に決めて下さい。

薄切りパイプを仕込むことで、摺動抵抗の低下にも成っている気がする。

バレルはインナーバレルがG26、チャンバーカバーもG26。バレルはそこら辺に転がってた9mm口径のジャンクパーツを繋げました。

スライドストップ軸との連結がパーツのクリアランスの関係で非常に華奢な感じになってしまったのでココも改良ポイントですねぇ。

リコイルSPガイドは多分マルイGBBのコマンダーサイズのジャンクパーツを削り出して形状を整えました。P85のリコイルSPガイドは先端部分がえぐれた形状になっているのが面白いですね。
リコイルSPは何時入手したか判らない、ガバ用の柔らかいモノです。

リアサイトとフロントサイトはABSから削り出し、フロントサイトはピン留め、リアサイトはアリミゾ切った上に、エンジン固定ネジで裏側から固定しています。

スライドも目処が付いたら左右をしっかり接着します。フレームと違って押さえすぎれば内股に、押さえが足りなければしっかり接着出来ない事になるので、スライド開口部に何か治具を差し込んで、スライドの幅をしっかりキープする様にします。  

2017年11月25日

GBB 東京マルイ RUGER P85 動作確認動画

GBB 東京マルイ RUGER P85 動作確認動画

お久しぶりです。P85の記事をアップ中なのですが、風邪引いちゃってナカナカ進みません。

で完成直後に撮っておいた完成作動動画をアップしましたので、ご覧下さい。


  
Posted by ひらりん@ at 17:36Comments(0)エアガン改造記

2017年11月20日

東京マルイ RUGER P85 GBB化 製作記03


スライドストップの端面やダミーのハンマーピン・ダミーエキストラクターが上手く染まらなかったので、後でもう一度染めてある。やっぱり真鍮は真鍮用のガンブルーが良いみたい


フレーム左側。トリガーバーが左側に通っているのでこちらから見るとスッキリしてる。リアシャーシのカバーはまだ付けていない。ハンマーピンは5mmの真鍮棒。

P85の特徴がまだあります。

マガジンキャッチの構造と作動です。

東京マルイのノーマルP85ではガバメントなどと同じ単純な押し込み式になっていますが、
P85では前方にスライドさせる感じでマガジンキャッチが作動します。
レバーなどの組み替え無しで、左・右両面から作動させられます。

フレーム接着前なのでちょっとズレちゃっているけど、マガジンキャッチの様子。「前に倒す」タイプのマガジンキャッチは珍しい。本来ならど真ん中にマガジンキャッチの突起を付けたかったのだが、フォロアーが通る溝があるので左側からの作動を重視した一に設定している。
マガジンキャッチ用の板バネはカミソリ鋸の替え刃を切り出したモノ。


分解図や透視図ではナカナカ構造が理解出来なかったのですがGun誌88/03月号のレポートを見て理解し、製作しました。
実銃では左右のレバーが別体で、左右からフレームに組み込むようですが、素材をABSで製作したので、マガジンキャッチは一体です。
組み込み時に多少苦労しますが、マガジンもキッチリ止まるし勿論マガジンは自重で落下します。

メインスプリングはM9のメインSPハウジングごと削り込んで組み込みます。長さや角度はM9に準拠していますのでハンマーなどのスプリングテンションも問題無いはず。

グリップ下端のランヤードリングはM9のモノだと太すぎたので、真鍮棒・真鍮パイプを組み合わせて8mmの真鍮丸棒を作ってそれを削り出してランヤードリングとしています。

色々と組み込みして綺麗に収まり、仮止めしたフレームでトリガーなどの作動が確認出来たらモナカフレームの左右を接着します。

写真の様にひたすら挟みまくって固定させる。スライドは挟みすぎると、内股に成るので、適当な幅に合わせた木材を挟み込んでクランプする。
トリガーガードの内側などパテを充填してある部分は瞬着を塗布した上で、ABS部分に用着系接着剤を流し込んで固定させる。


絶対にひび割れたりしない様に、ガッチリと接着するには、まず接合面の油・瞬着・パテなどの邪魔者を除去しつつ平面を出すコト。
で下準備が整ったら、パテなどを充填してある箇所には瞬着を、それ以外のABS部分には様着系の接着剤を流し込み、クリップやシャコ万で押さえつけて酒呑んで寝ましょう。

朝にはしっかりと接着されているはずです。

接着後、接着面を粗処理して各パーツを組み込んだの図。グリップスクリューは少しだけ面出し>黒染めしてる。

細かな部品としては、まずハンマーの形状変更が必要でした。それにはセフティ軸とブリーチの長さ、ハンマーが倒れたときの角度など複雑な関係性を整理しなければ成りませんでした。
結局なんだかんだで、2つハンマーをダメにして今の形に収まりましたが、本当なら後3mm程ハンマーの長さを稼ぎたかった・・・もしくは後5mm程ブリーチを後に下げたかったなぁと。

それからフレーム右側面の後部にハンマーピンがありますが、完全なダミーです。今後もう一丁作ることがあればその辺を起点に作っていきたいと思っていますが・・・・何回やっても後で気づくことが多すぎますね。